安楽院は長野県北信地域の葬儀・法事に365日24時間対応致します。

ブライト信州

供花・お供物申込み
お急ぎの方はこちら お急ぎの方はこちら 資料請求 事前相談申込み

安心の365日24時間対応 フリーダイヤル0120-550-983安心の365日24時間対応 フリーダイヤル0120-550-983

葬儀マナーコラム vol.2

投稿日:2017/11/03コラム

須高安楽院で館長をさせていただいております、花島 淳と申します。

ちょっとした豆知識が少しでもお役に立てば、という事でペンを執りました

というより《今ではキーボードを叩く》が正解でしょうか?

 

今回は「熨斗(のし)袋」について少しお話します。

一般的にのし袋といえば、種類に関係無く意味が通ってしまいますが、正確には

金封(きんぷう)といいます。【金銭を贈る時に金銭を納める封筒、または折り紙】

祝儀袋、不祝儀袋、熨斗袋、香典袋、慶弔袋などとも呼ばれます。

 

金封には水引が付き物で、水引の色の事でたまに質問を受けます。

古くから日本では、祀り事には格式の高さが関係し、冠婚葬祭の中では婚礼が最も格式が

高く、弔事が最も低いといわれています。

水引の色もこの考え方が起源であり、色合いは左から

金 ・ 銀 ・ 紫 ・ 赤 ・ 藍 ・ 黄 ・ 黒

の順に格式が高いです。

 

長野・北信地方で平均的な考えは、通夜~葬儀~忌中までは「黒」で、四十九日(忌明け)

から「黄」が一般的です。喪家に「赤白」は常識的に渡すことは無いと思われそうですが、

まれに通夜で赤白の水引で〈お見舞い〉の表書きの金封を目にすることがあります。

生前入院中にお見舞いに行けなかった事への気持ちの表れで、地域の慣習です。

(調べてみると全国的に珍しく、長野独特みたいです)

ちなみに葬儀の時にお寺さまへ渡す金封は「双銀」の水引です。

※金封は「袋」「熨斗」「水引」で成り立ちますが、お寺へ渡す金封に「熨斗」は付けません、

不祝儀袋全般に「熨斗」は付かない場合が多く、購入の際に注意してみて下さい

 

他にも神式、キリスト教、無宗派での金封、表書きの方法、地域の慣習、作法など

ここに書ききれない事柄がたくさんあります。

 

習慣の意味を知り、考えることは大切ですが、最も大切なのは、その方を思って

お悔やみの気持ちからお供えすることだと思います。