安楽院は長野県北信地域の葬儀・法事に365日24時間対応致します。

ブライト信州

供花・お供物申込み
お急ぎの方はこちら お急ぎの方はこちら 資料請求 事前相談申込み

安心の365日24時間対応 フリーダイヤル0120-550-983安心の365日24時間対応 フリーダイヤル0120-550-983

コラム

【特別コラム】誰も置き去りにしない社会

2020/08/29コラム

人間にとって本当に大切なことは、互いを思いやる心です。

SDGs(持続可能な開発目標)では、2030年までに達成すべき17の目標を達成し、「誰も置き去りにしない」社会をつくることをゴールに掲げている。新型コロナウイルスを通して私たちは、本当に向き合うべき問題に今まさに、直面しているのかもしれないのです。

差別やいじめ、人権侵害などは他人事ではなく自分事として捉えるべき。

誰しも自分と家族だけでは生きていくことはできません。このコロナ問題をきっかけに、それぞれが社会とどう向き合い、お互いを大切にしながらどう生きていくかを痛切に感じています。特に子どもたちには、『差別やいじめは絶対にいけないことだ』と学ばせ、成長していってほしいと思いますし、そのためには大人がお手本を見せなければいけません。

その大人が自粛の強要や、医療従事者の家族である子供に対して「学校に来てはいけない・・・これは差別ではなく他の人達に迷惑だから」と平然と言い放っています。

実際、国際社会を見ても、弱い立場にいる人々が偏見や差別、いじめの対象になりやすい。難民、先住民、外国人、女性、障碍者。そしてコロナ感染者とその周辺。

日本の『コロナ差別』は世界で起こっている差別と無関係ではありません。正しい理解と正しいメッセージを皆が発信することで、弱い立場の人々の助けになることができるのです。SNSのまことしやかで不確かな煽動に目を奪われてはいけないのです。

日本では「自粛警察」「東京差別」という言葉があります。 例えば感染者ゼロだった岩手県の地元紙『岩手日報』には、緊急事態宣言下に故郷の岩手で営まれた父親の葬儀のために東京から帰省したところ、親族から「万が一、おまえがウイルスを岩手に持ち込んで感染が広がったら、自分たちはここに住めなくなる」と懇願され、参列を諦めたというエピソードが掲載されました。

また、つい先日青森市での事。

東京都内からお盆帰省した方の家の玄関先にメモが投げ込まれ、

「なぜ帰ってきたのですか!非常識です。近所には年寄りも子供も大勢います。はっきり言って迷惑です。さっさと帰ってください!」

その方は帰郷に苦慮しましたがPCR検査を自費で受け陰性となり、墓参を決めたのです。罹患したわけでもなく感染多発地域から帰省しただけで、この様になります。

関東近県、愛知、大阪など多発地域から地方に往来すれば同じことが起こっているのでしょう。

 

 

この様な差別をする人たちは、感染した人が一定期間入院し、陰性となり退院したとしても、同じような差別を繰り返す可能性が高いのです。もし自分が逆の立場になったとしたら・・親の葬式にも出席できない、或いは子供の婚礼にも。更には会社にも、

学校にも・・行けなくなるのです。収入もなくなり生きてもいけなくなる・・

 

感染の危険と隣り合わせでウイルスと戦う医療従事者だけでなく、感染症の危険を背負いながら仕事をしている人は大勢います。わたし達もそうです。

そういう従事者を「エッセンシャルワーカー」と言うのだそうです。

暮らしの中で無くてはならない仕事。医療に限らず、介護、バス、鉄道、スーパー、タクシー、宿泊施設、冠婚葬祭などなど。社会に果たす役割と同時に仕事をして生活しなければならないのです。

 

感染者やその家族、或いは感染多発地域に住んでいる人を「迷惑」「危険」「リスク」と決めつけている人は、それでも暮らして行かなければいけない人々の窮状など知る由もないのでしょう。それぞれの事情を思いやる優しさはわたし達にはあるはずです。

 

WITHコロナ。

インフルエンザと同じように、ワクチンが開発され接種してもまた罹患します。コロナもインフルエンザも常に身近な所にいて、それぞれ対処しながら生活していくことになるのでしょう。

最後に山中伸弥教授の言葉を引用させて頂きます。

「私たちは普段、社会、周囲に守られて仕事したり、色んなことを楽しんだりすることができています。今まさに私たちが社会を守る時です。」

 

令和2年8月某日  ブライト信州株式会社 広報部

【終活ブログ】運転免許証の自主返納と「その後」について

2019/08/10コラム

 

【終活ブログ】今回は運転免許証の自主返納と「その後」について考えます。

 

1. 運転免許証の自主返納と終活               

「終活」に関する様々な情報を紹介しております本ブログ。今回「終活」の一環として取り上げるのは、最近特に話題となっている「運転免許証の自主返納」についてです。

日常的にニュースで耳にするようになった悲惨な事故の数々。「高齢者ドライバー」という言葉もすっかり定着しました。ここ数か月で免許を自主返納する方も増加しています。

やはり安心安全を考慮すると返納することが最善策だと言えます。しかし様々な理由で簡単には手放せない人も多いようです。そこで今回は「自主返納」をしたくても出来ない、様々な問題に対するヒントをご紹介したいと思います。

 

2. 事故の現状、高齢運転者の死亡事故データ(警視庁調べ)  

最初に高齢運転者による事故の発生状況について下記のデータをご紹介します。グラフから分かるとおり、高齢運転者による事故の割合は年々増加傾向にあります。

※高齢運転者とは、原付以上(特殊車を含む)を運転している65歳以上の者をいいます。

※高齢運転者の交通事故発生件数は、第1当事者となった件数です。

※構成比の数値は四捨五入しているため、内訳の合計が100パーセントにならないことがあります。

 

3. 運転免許証、なぜ手放せない?              

年齢と共に運転に対する不安を感じる人は多くいますが、それでも免許を手放せないという方も多いのが事実です。なぜ手放せないのか、その理由として多いものをまとめてみました。

 

・買い物や通院で使用するため。

・バスや電車などでは、本数が少ない上に時間が限られているため。

・タクシーを使用するにも料金が高すぎるため。

・旅行などの趣味で使用するため、あるいはドライブそのものが趣味であるため。

 

これらの理由は特に地方に住む方々から顕著に聞かれますが、共通して言えることは、やはり車が生活に必要不可欠な存在であるということです。車が「生活の足」となっているため簡単に手放すことが難しくなっていると言えます。

 

4. 免許返納のヒントは「返納後の生活を具体的に考える事」  

これらの理由を受けて、「生活の足」となっている車を手放すにはどうしたら良いのでしょうか。そのヒントとして以下の2つのアイデアをご紹介いたします。

 

1) 「免許返納とその後について、家族や友人に相談する」

免許返納については「自分自身で解決しなくては」とお考えの方も多いかと思います。しかし、この問題は1人で解決するのも難しいのが現実です。そこで先ずは不安に思っている事をご家族や親しいご友人と話してみることから始めましょう。そして現在運転をしているご本人の生活スタイルに合わせて、周りの方々とご本人にあった解決策を考えることが必要です。免許返納をしたくても出来ない理由や、それに対する解決方法は人それぞれです。免許返納の第一歩として、まずは身の回りの人にご自身の状況を話してみましょう。

 

2)「免許返納者への様々な支援制度を活用する」

長野県のホームページでは県内の各市町村が行っている免許返納者への支援制度を掲載しています。https://www.pref.nagano.lg.jp/kurashi-shohi/anzen/menkyohennou.html

その内容として多いのはバスや電車、タクシーなどの回数券の交付や割引サービスなどです。

申請時に必要な書類や対象年齢等は各市町村により異なりますので、詳細は各市町村担当課へお問い合わせください。免許返納後の「生活の足」が心配な方はぜひこれらの制度を活用されてみてはいかがでしょうか。

 

運転免許証返納の問題については返納後の生活を具体的に考えることが必要です。これまでずっと使用してきた車の代わりをどうするのか。ここで必要となるのはやはり周囲の協力や各種制度やサービスの活用です。一人で悩まずに、まずは誰かと悩みを共有してみましょう。

 

5. 運転免許証自主返納の仕方                

最後に、運転免許証の自主返納の仕方について簡単にご紹介いたします。返納というと何だか難しく聞こえますが、実際はとても簡単に行う事が出来ます。今持っている全ての免許証を返納する場合「免許証を持って、返納を受け付けている免許センター、または警察署へ行く」だけで返納の手続きを行う事ができます。詳しくは「長野県警察」のホームページに記載されていますので、そちらを是非ご参照ください。https://www.pref.nagano.lg.jp/police/menkyo/fuan/shinseitori.html

 

【令和・人生100年時代】変わった葬儀の形

2019/06/26コラム

こんにちは、終活ブログ担当Mです!

梅雨本番、毎日ジメジメしていて洗濯物も捗りませんね。

 

さて、今回で17回目となる終活ブログ。今回はちょこっとしたコラムも掲載します。

本編が気になる方はページをスクロールし、【変わった葬儀】までお進みください。

 

-ちょこっとコラム-

突然ですが、いま日本に100歳以上の方はどれだけいらっしゃるかご存知ですか?

正解は、約70,000人だそうです。

 

「え?そんなにいるの!?」

「あ、それだけなんだ」

 

いろいろ思うところはありますよね。

では、その中で自立した生活ができている人は、どれだけいるでしょう?

 

これは正確なデータが無いので何とも言えませんが、身近な誰か、もしくは行政などの助け等を借りている方も多いのではないでしょうか。

100歳以上の人に限った事ではありませんが、

誰かの手に支えられて生きなければならなくなる時は、多くの人に訪れます。(これは事実です)

そうした時に、援助に背を向けない事が大切です。

老いること、病むことを認めるには勇気がいります。

人にモノを頼むのが苦手な人も多いでしょう。

「誰の手にも助けを求めず暮らしてこそ、自立した人間だ」

という認識は多くの人の中にあるかもしれませんね。

でも、自分ひとりで出来る事には限界があります。

 

他の誰かに「支えられ上手」になることも、これからの時代では大切なのかもしれませんね。

 

-ちょこっとコラム 終-

 

 

 

【変わった葬儀】

 

皆さん、葬儀と言うとどんなイメージを持ちますか?

僧侶が前の方に座って、お経を詠んで、焼香をして、合掌して、1時間ほどして足が痺れた頃に終わる。

皆さんが思う葬儀はこのような感じではないでしょうか??

日本ではこのような仏式の葬儀が一般的ではありますが、ジワジワと全く違う形の葬儀も広がってきているんです。

今回は、ちょこっと変わった葬儀をご紹介いたします。

 

1.音楽葬

 

 

音楽葬とは、僧侶等を呼ばず故人の好きだった音楽などを流したり、生演奏をしながら行う宗教色を排除したご葬儀の形です。

(注)もちろん宗教者を呼んでの音楽葬もあります。むしろこちらの方が日本では主流です。

アメリカ・ニューオーリンズではジャズ葬と呼ばれる、仲の良かった友人たちがジャズライブをして故人を見送る葬儀があったり、

最近では日本でも、内田裕也さんの「ロック葬」なんて言葉がニュースになったりもしましたよね。

 

 

 

2.美術葬

 

 

故人が書かれた絵や作品などを飾ってお送りする葬儀です。故人の趣味を活かしたオリジナルの葬儀ができます。

参列された皆さまに、故人が好きだったモノ・コトを知ってもらうことができるという事で、近年注目されているんです。

 

 

3.宇宙葬

 

 

近代的な葬儀として認知されつつあるのが宇宙葬です。

「宇宙」なんて聞くととてつもないお金持ちの世界の話し、と思いきや。

意外と我々一般人でも手が届く範囲で出来ちゃうみたいです。

https://xn--29sob915t.com/

ご興味ある方はコチラから↑

既に予約をしている方が、もしかしたら身近にいるかも!?

 

 

 

さてさて、ほんとうに世の中は広いもので、色々なご葬儀の形がありますね。

今の時代、葬儀のやり方(形)も自分自身で前もって決めておくことができます。

もちろん、家族や周囲の理解・協力は必要ですが、準備をする事で遺される家族に迷惑をかけずにすむかもしれませんよ。

安楽院グループでは、この様な自由な形でのご葬儀も執り行えます。

少しでも気になった方はお気軽にお電話ください。

フリーダイヤル:0120-550-983(中央安楽院:長野県長野市鶴賀七瀬南部375番地)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

~安楽院グループ イベント告知~

 

 

日時:7月27日(土)10:00~12:00

会場:朝陽安楽院(長野県長野市北尾張部168番地)

「ミドル世代のための終活セミナー」

テーマは「終活」と「お金」。老後資金問題が話題の今こそ、家族の暮らしを守る為に必要な学びをこの機会に。

 

【第1部】 10:00~10:45

気になる年金・マネー教室

(講師)

COCORO社会保険労務士法人

特定社会保険労務士 竹内 友和

 

【第2部】 10:50~11:35

いざという時のための家族葬セミナー

(講師)

安楽院グループ

1級葬祭ディレクター 宮本係長

 

 

「老後の事」と先延ばしにせず、今から備える事が大切です。

お近くにお住まいの方、この機会にどうぞご参加ください。

1 / 712345...最後 »